プログラミングでドローンを飛ばそう!(小学3年生~中学生)

プログラミングでドローンを飛ばそう!(小学3年生~中学生)

大人気ドローンプログラム!!iPadを利用してドローンを動かすプログラムを作成しよう!!

Science(化学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)などの学習要素を備えもち、産業界での活用が大きく期待されるドローンを、プログラミングによって制御しレース飛行させるという、最先端のワークショップを行います。
ドローンのみならず、多くの産業はテクノロジーが大きく牽引しています。将来を担う子供たちに、ドローンやプログラミングなど、最新のテクノロジーに興味を持つきっかけを提供し、楽しみながら体験してもらうことを目的としています。
当日は、iPadを使いドローンを動かすプログラムを作成し、実際に飛ばします。

  • 横田 淳

    横田 淳

    日本ドローンレース協会(JDRA)副代表理事
    ドローンレーサー日本代表経験有.ドローンの「楽しさ」を伝える案内人。自身でも国内外のドローンレースに参加。ドローンとエンターテイメントを組み合わせたコンテンツを多数展開。

  • 平岩明憲

    平岩明憲

    「なにそれ面白そう!」を形にする集団 アプライトネス代表。フリーランスのITエンジニアとして培った技術をフルに活かして「作る楽しさ」と「競う楽しさ」を両立したプログラミングドローンレースの開催に力を入れている。

講師からのメッセージ

「プログラミング」という言葉を聞いて、なにを想像するでしょうか。

この問いに対してよく聞かれる答えは「よく分からないし難しそう」「プログラミングは理系のヒトのもの。文系のヒトには関係ない」といった答えです。
プログラミングは、本当に難しいのでしょうか。そして理系のヒトにしか関係のないものなのでしょうか。

実はプログラミングすることは、文章を書くことにとてもよく似ています。
使う言葉こそプログラミング言語と呼ばれるコンピュータ向けの言葉ではありますが、ヒトからコンピュータへ「こうしてほしい」というお願いを届ける文章を書くことがプログラミングです。
ですからヒト同士のコミュニケーション同様、コンピュータに何かお願いをしたいという気持ちさえあれば、だれでもプログラミングができるようになります。

一方「ドローン」という言葉を聞いて何を思うでしょうか。
この問いには、たいてい両極端の答えが返ってきます。「いろいろなことに活用できそう」と答えるヒトもいれば「空を飛ぶ機械なんて危険だし怖い」と答えるヒトもいます。
どちらの答えも正しいと思います。私たち人類は、新しい技術に出会うたびに、こうした期待と不安、メリットとデメリットの両方と向き合いながら生きてきました。

このクラスでぜひ、プログラミングとドローンの両方に触れて、ドローンレースという新たなエンターテインメントのプレイヤーになってみてください。

きっと、プログラミングやドローンが、とても便利で楽しいものであり、どう付き合うべきものなのかが見えてくると思います。
そして何より、ドローンレースの楽しさを体験でることでしょう。

クラス種別
イベント
開催日
2018年6月24日(日)
開催時間
10:00~12:00
対象
小学3年生~中学生
定員
15人
受講料
2,160円(税込)
教材費
3,240円(税込)
服装・持ち物
特になし
注意事項
当日もある程度は説明をいたしますが、次のことも事前に身につけていると、よりクラスを楽しめます。
・速さ × 時間 = 距離の関係
・角度の概念(最低限、直角とは何か言えること)

※ドローンのお持ち帰りはできません。あしからずご了承くださいませ。


【クラス内での写真撮影について】
(1)T-KIDS及びクラスを開催している学び提供者が、写真や動画を撮影する場合がございます。
(2)T-KIDS及び学び提供者が撮影した写真や動画は、T-KIDSの専用サイトや学び提供者のサイトへの掲載、またFacebook、Instagram等のSNSに投稿する場合がありますが、氏名等の情報との併記は行いません。
(3)T-KIDS及び学び提供者が専用サイト等への掲載、SNSに投稿した写真や動画に対し、当該個人より削除依頼があった場合、T-KIDS及び学び提供者は速やかに写真や動画を削除いたします。
(4)イベントクラスに参加する会員が、専用サイトへの掲載やSNSへの投稿を希望しない場合、必ずクラスの受講前に受付カウンターにてお申し出ください。

上記内容に同意の上、ご予約をお願いいたします。

このクラスの募集は終了しました。

直近で参加できるイベント

MORE

おすすめのクラス

このクラスの募集は終了しました。