【あそまなびフェス@オンライン】漢字キャラクター「あめかちゃんとまほうのかんむり」~ゲームで学ぶ漢字のヒミツ~

梅田 KANDAI Me RISE 校

【あそまなびフェス@オンライン】漢字キャラクター「あめかちゃんとまほうのかんむり」~ゲームで学ぶ漢字のヒミツ~

漢字のキャラクターのゲームを通して、学ぶ楽しさを体験!身近に使用される漢字の奥深さを知ることで、日常的に探究学習する姿勢を育みます。

2020年度に小学校6年間で習う教育漢字は1026文字に増えました。しかし日本の子ども達の約半数は漢字が苦手と言われています。ドリルをひたすら書き写す反復作業中心の漢字学習法を、多くの子どもがつまらないと感じていることが要因の一つかもしれません。

(株)コトバノミカタ と武庫川女子大学日本語日本文学科設樂研究室は、漢字の部首をキャラクターとした「かんむりひめのあめかちゃん」を教育コンテンツとして開発。魅力的なキャラクターとそのストーリー、ゲームを通し、学習指導要領に収まらない漢字文化の多様性と、身の回りにある漢字の発見を促し、子ども達が能動的に漢字力を高めることを目指しています。

漢字はもともと絵であり、その形から意味が想像できる、まさに「感じる」文字です。また、漢字の部首には「あめかんむり」「くさかんむり」など自然に関連するものが多く、漢字を学ぶことで、子ども達の感性を育み、川や植物の豊かな土地で古代文明が栄えた歴史学習や、自然と共に生きる世界観の醸成にも寄与できるのではないかと考えています。

例えば、「かんむりをさがせ」のワークショップでは、「あめかんむり」を、テレビの天気予報から探し出します。すると子ども達は、漢字が教科書やドリルの中にとどまらない、日常生活に根ざした「生きた文字」であることを、体験を通して実感できるのです。

講座にご参加いただいた保護者の方々からは「一緒に参加した自分が、とても勉強になった」「子どもが帰宅後、自分から漢字を書き始め、驚いた」「新聞を広げると、子どもが『かんむり』のついた漢字を探すようになった」等のコメントをいただいております。

ぜひご参加いただき、講座内のゲームを通してコミュニケーションをとりながら、能動的に学ぶ楽しさを掴んでください。

 ◆◆本クラスは、「あそまなびフェス@オンライン」のクラスです◆◆ 



事前にあそまなびフェス@オンラインへの参加申し込み(有料)が必要です



《 ご参加方法 》

1 あそまなびフェス参加申し込みをしよう!(有料)

 『 あそまなびフェス参加申し込みページ (https://tkids.tsite.jp/classes/3630.html) 』から、参加費をお支払いください。

2 受けたいクラスを予約(最大4クラス)

 ご予約受付は先着順です。各クラス定員になり次第、ご予約終了となります。

3 当日、インターネットでクラスに参加する

 オンライン会議システム「ZOOM」を利用して開催いたします。


■T-KIDSでは、その他にも関西に他にない習い事や探究的な習い事も盛りだくさん!
単発のイベントはこちらから!

(https://tkids.tsite.jp/umeda/search/event/)

珍しい習い事はこちら、体験も随時受付中!
(https://tkids.tsite.jp/umeda/introduction/)




■その他T-KIDS梅田のある関西大学梅田キャンパスについて
――――――――――――――
T-KIDS梅田がある関西大学梅田キャンパスには
こんな施設/事業もございます!

★KANDAI Me RISE 倶楽部(かんだいみらいず倶楽部)
異業種との交流が可能な会員制のコワーキングスペース
(http://www.kansai-u.ac.jp/umeda/meriseclub/)

★関西大学オープンカレッジ 梅田MeRISE
知的好奇心あふれる大人のための、新しいまなびの場(公開セミナー)
(http://www.kansai-u.ac.jp/umeda/event-seminar/)

★スタートアップ支援-START UP CAFE-
未来の仕事を創りたい人のための、起業の準備や相談ができる場所
(https://startupcafe-ku.osaka/)

―――――――――――――

  • 本下 瑞穂

    本下 瑞穂

    作文を楽しくするデザイナー ㈱コトバノミカタ代表。グラフィックデザイナーとして活動後デザインを「教育」に活かしたいし、起業し開発した「読書感想文がよく書ける原稿用紙」は、ロングセラーに。この作文教育はマスコミにも注目されている。


講師からのメッセージ

マンガやゲーム、ダンスや歌などを取り入れた「見て」楽しむ教育で、子ども達の「伝える力」を育む活動を行なっています。自身がデザインした「読書感想文が、よく書ける原稿用紙。」、「小論文が、よく書ける原稿用紙。」は通販サイトAmazonの原稿用紙カテゴリーベストセラー1位を獲得。そのユニークな教育活動は多くのメディアでも取り上げられています。経済産業省女性起業家応援プロジェクト第5回LED関西ファイナリスト。

クラス種別
イベント
開催日
2020年6月21日(日)
開催時間
11:00~11:30
対象
小学生(ひらがな・カタカナが読める未就学児も参加可能)
定員
30人
服装・持ち物
筆記用具

・PCもしくはタブレット、スマートフォンなどの端末

・Zoomアプリのダウンロード (https://zoom.us/download)

( Wi-Fi環境下での受講をおすすめいたします )

( ZOOM使用マニュアルはこちらから (https://tkids.tsite.jp/img/info/manual-zoom.pdf) )
注意事項
※開催日2日前より順次、Zoom IDをお送りいたします。
 Zoom使用マニュアルより、事前に参加方法をご確認ください。  
【使用マニュアル】 https://tkids.tsite.jp/img/info/manual-zoom.pdf

※こちらはオンライン講座です。Zoomというツールを使用するためアプリをあらかじめご登録の上ご参加下さい。
●下記URLより「Zoom」アプリのインストールをお済ませください(無料、アカウント登録不要)
https://zoom.us/download
└PC:「ミーティング用Zoomクライアント」よりインストール
└スマートフォン/タブレット:「Zoomモバイルアプリ」よりインストール

※ビデオ通話ではなく電話のみを希望される方は開催日までに(tkids.umeda@ccc.co.jp) T-KIDSシェアスクール梅田問い合わせ窓口までご連絡ください。
※通信環境:常時接続可能なブロードバンド環境と無線LAN(Wi-Fi)環境をご用意ください。
光ファイバーやCATVなど、持続的に高い通信速度が得られる環境でのご利用をおすすめしております。
すべての機能を安定的にご利用いただくためには、実効速度で、上り速度 5Mbps以上、下り速度 10Mbps以上の通信速度が推奨です。
※通信速度を満たせば、モバイル回線(4G、LTE)でのご受講も可能です。

※iPad(第4世代以前)、iPhone、iPod touchでのご受講も可能です。
※インターネット接続環境につきましては、お客様ご自身でのご用意をお願いいたします。
※なお、通信環境は標準的にお使いいただくための目安です。ネットワークやフィルタリングなどのさまざまな要因が影響するため、必ずしも動作を保証できるわけではありません。何とぞご了承ください。

※Apple社よりリリースされましたiOS12につきましては、動作検証が完了し、対応が確認されました。
一部、TopicsやTraining画面にて、画面上部に黒い帯が表示される事象が確認されておりますが、学習上問題はございません。



※お客様のご都合による遅刻や当日キャンセルの場合、振替・払い戻しなどは承りかねますのでご了承ください。

※録画、録音、撮影および複製などの二次利用は一切禁止しています。無断転載も固くお断りさせて頂きます。



【クラス内での撮影について】

(1)T-KIDS及びクラスを開催している学び提供者が、写真や動画を撮影する場合がございます。

(2)T-KIDS及び学び提供者が撮影した写真や動画は、T-KIDSの専用サイトや学び提供者のサイトへの掲載、またFacebook、Instagram等のSNSに投稿する場合がありますが、氏名等の情報との併記は行いません。

(3)T-KIDS及び学び提供者が専用サイト等への掲載、SNSに投稿した写真や動画に対し、当該個人より削除依頼があった場合、T-KIDS及び学び提供者は速やかに写真や動画を削除いたします。

上記内容に同意の上、ご予約をお願いいたします。

このクラスの募集は終了しました。

直近で参加できるイベント

MORE

おすすめのクラス

このクラスの募集は終了しました。

処理中です